投資

中国(上海)の投資について(現地にて思った中国経済)

先日、上海に行ってきたので、せっかくなので現地に行って思った、投資関連のことをまとめてみました。実体経済が絡んでいるのが投資なので、日頃の生活が関わっていて、面白いですね。

中国経済について(簡単に)

基本的には、政府によって発表されている指標ですが、信憑性は低いです。人口の見通しが悪いのが、懸念ですね。(一人っ子政策の影響やいかに。)あと、管理変動相場ってのが早く変わって欲しいところですね。

 

引用ねく さんのブログより『https://nekutaru.com/archives/china-economy-outlook.html

ここから実際に行って感じたこと!

政府(開発地区)

政府によって開発指定地区になると、すごい勢いでいろんなもの(マンション、ショッピングモールなどなど)が建設され、大規模に変化する。まさにシムシティような感じに整備された街が完成する。開発地区から少し外れると野原が見え、何もないところから一気に作った感じがした。政府の力がすごいと感じれた。日本の高度成長期のような感じでもあった。

https://www.youtube.com/watch?v=q0KS6BCwBDg

引用 シムシティ (中国の町並みに似ている)

デジタル通貨

中国では、財布を持つ人がほとんどいない。みんな外に出かけるときはスマホである。アリペイが信じられないほど普及しており、デジタル通貨は非常に便利である。非常に便利なので、日本もデジタル通貨が流行って欲しいと思った。

引用 あれこれ中国

シェアリングエコノミー

あと、自転車のレンタルがめちゃくちゃ流行っていた。いわゆる、シェアリングエコノミーってやつだ。めちゃくちゃに並んでいると思いきや、綺麗に自転車が勝手に並んでいた。勝手な偏見で中国人のモラルはやばいと思っていたが、そんな事はなかった。逆に日本の方がモラルが低下しているのではないかとも思った。

引用 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/post-7860.php

 

クレジットカード

クレジットカードを中国で使おうと思ったのに、なんと海外のクレジットカードは使えないと言われた。なんという独自の経済圏。使えるのは、これだけらしい笑

引用 https://card-professor.jp/entry-7/

ネット規制

中国に行く人は要注意。まさかのfacebook, line ,instagram ,twitter, google ,google mapなどのアプリが中国ではwifi環境でも使えない。海外の情報を遮断するための、ネット規制が強烈である。 使えるのは、検索エンジンの百度や中国版LINEの微信we chatとかだけである。日本にいる友達と連絡ができないので、悲しい笑

ただし、VPNを通せばアクセスできるので、wifiを借りるときは注意が必要。

 

ビル街(夜景)

夜景を見たらほとんどすべてが自国の会社の広告だった。日本のビルがあってもその前にそれよりも高い中国のビルを立てるほどの自国優先な感じであった。

コミュニティ(特に高齢者)

大きな公園(魯迅公園)に行ったら、平日の午前中から定年退職した年齢の人たちが集まって、社交ダンスやら合唱やらトランプやら各自コミュニティを作りながら交流していた。日本ではみないような老人たちが交流している場所があり、すごいと思った。家にいるより外で体を動かした方が健康にも良いので、なかなか良いと思った。

まとめ

デジタル通貨やらシェアリングエコノミーなど日本ではまだ実現していないようなIT分野が普及しているのがすごいと思った。世界2位の国になったのだと肌で実感できた。また、外資を寄せ付けない自国至上主義で、社会主義の国でもあり、政府がしっかり管理しているのがよくわかった。今後の中国がどう変化していくのか(管理変動相場から自由化、一人っ子政策による急激な少子高齢者)考えるだけで楽しみである。