投資

原油価格が急落!歴史史上初のマイナス理由を徹底解説!

今回は、話題になっている原油価格について解説していこうと思う。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q94XI3DWRGG501

今回の原油急落のニュースを簡単解説!

 

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)5月限は、4/20、史上初めてマイナスの価格を付けた。4/21はパニック売りが6月限に拡大、一時42%安の1バレル=11.79ドルに下落した。

 

実際のチャートはこちら。

先物商品って何?

先物取引とは、ある商品(原資産)を、将来の決められた日(期日)に、取引の時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。

簡単な例で説明します。

定食屋さんがあるとします。定食の材料である野菜・魚・肉・お米は、天候や環境等によって価格が変動します。しかし、材料の価格が変動したからといって、定食の価格は簡単に変えることができません。野菜や魚、肉が値上がりした場合は、メニューや材料の変更によって調整できますが、定食に欠かせないご飯(=お米)の無い定食というのは考えられません。そのため、何も手を打たなければ、お米の価格が上がると定食の利益は下がることになります。

では、どうすれば材料の価格が変動しても利益を安定させることができるのでしょうか?それは、お米を将来に渡って一定の価格で手に入れればいいのです。

 将来の決められた日に、今取り決めた価格でお米を買う約束をしておけば、期日が来た時に、市場価格が上がっていても、市場価格より安い価格でお米を買うことができます。また、反対に市場価格が下がっている場合には、市場価格より高い価格で買うことになるため、一見損をしたように見えますが、あらかじめその価格で定食の材料費を計算しているため、利益は当初の想定と変わらないのです。

 また、お米を売る農家側から考えると、一定の値段でお米を売る約束をすることになります。お米が豊作で市場価格が下がった場合は、市場価格より高く売ることができますが、凶作で市場価格が上がった場合は安く売らなければなりません。ただし、こちらもあらかじめその価格で収入を計算しているので、影響はないのです。

このように、先物取引は価格の変動があるものを一定の値段で売ったり買ったりすることができるので、価格変動の影響を避けるための手段(リスクヘッジ)として利用されます。
また、価格変動を利用して、価格が上がると思えば買いから入り、下がると思えば売りから入った後、期日までに反対売買することにより、利益を得ることもできます。

https://www.matsui.co.jp/service/fop/study/qa/qa_01.html

 

原油でメジャーな商品

  1. ニューヨーク市場の先物価格(WTI)        ←今回はこれ
  2. 東京の業者間取引のスポット・現物先渡し原油価格(ドバイの価格)
  3. 東京商品取引所での先物原油価格(中東産原油=ドバイとオマーンの平均価格)
  4. ロンドン市場の先物価格(ブレント)

 

今回暴落したのは、5月限のWTI 

 

注意:6月限とかマイナスにはなってないです。

次の日に急落しました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q95SC3T0G1KZ01

チャートはtrading viewの先物価格から見ることができます。

https://jp.tradingview.com/

 

原油価格が下がってる理由

結論:誰も原油を欲しいと思っていないから

①コロナで原油の需要が減少

新型コロナウイルスの影響で原油需要は崩壊している。米国のガソリン需要は前年同期比で4割以上の減少になっており、製油所は稼働率を引き下げている。

このため、原油の余剰分が在庫として積み上がっており、NY原油先物の受け渡し場所であるオクラホマ州クッシング地区の原油在庫は、2月28日時点の3,720万バレルに対して、直近の4月10日時点では5,500万バレルまで急増している。このままだと貯蔵能力の限界を迎えるのは時間の問題であり、安値でも良いから売却したいと考えている。

②産油国同士で喧嘩

価格が急落したのは、3月6日に開いた産油国間の交渉が失敗したからである。

3月6日に開かれたOPECとロシアなど「OPECプラス」の会合で新型コロナウイルスによる需要減少に対応するため、追加減産が提案されたがロシアはそれを拒絶、減産体制が崩壊した。

その後、サウジアラビアなどOPECも一転して増産競争に打って出て、市場は価格競争に突入した。本来、原油価格を下支えするはずだった協調減産が無くなり、価格戦争に転じたことで原油価格は「フリーフォール」状態に陥ったのである。

 

原油価格が下がることで出る影響

①株価下落

ジャンク債への影響

とくに心配しているのが、米国のシェールオイルの採掘業者です。マーケット・リスク・アドバイザリー代表の新村直弘さんは「シェール業者の採算ラインは1バレル40~50ドル。現在の値段では新規投資が止まってしまう」と話します。

シェールオイルは岩盤に含まれる原油で、2010年ごろから北米で採掘が盛んになりました。国営企業が原油を産出するサウジアラビアやロシアと違い、米国のシェール業者は民間企業です。

このため社債を発行して投資家から資金を集め、掘削や製造の設備を買います。でも国家の後ろ盾がなく、原油価格に経営が左右されることから、シェール業者の社債は元本や利息の支払いが滞るリスクの高い債券である「低格付け債」に区分されることが多いようです。

低格付け債の発行が盛んな米国では市場規模が1兆3000億ドルに上りますが、このうち1割強をシェール業者などのエネルギー企業が占めています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56919170X10C20A3000000/

オイルマネーの影響

原油安が株価の下落を招くもう一つの理由として、産油国が産出費用を賄うために株式を売るという見方も出ています。国際通貨基金(IMF)によると、国の財政収支が均衡する原油価格はサウジアラビアが1バレル83ドル台。ロシアが予算で設定した水準は42ドル台です。ほとんどの主要産油国が現在の原油価格では財政を支え切れません。

そこで市場の人たちに急速に広がったのが「産油国が株式市場から資金を引き揚げるのではないだろうか」という思惑です。産油国の資産運用は秘密主義で実態は不明ですが、中東の産油国が原油の販売で築いた、いわゆるオイルマネーは2兆ドル規模に達するという見方も出ています。

 

4/22更新。こんなニュースも出ました。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-04-21/Q95BWDT0AFBK01

 

②ガソリン価格はどうなるの?

下がっていくと考えられる。ただ、ガソリンを売るメーカも固定費がかかるので、ある一定までしか下がらないと考えられます。

 

現在の推移は、こんな感じ。

https://e-nenpi.com/gs/price_graph

 

ネットでも話題

もふもふ不動産

 

CISさん

タンカー持って、オクラハマまで取りに行けば天才トレーダーは儲かると言ってます。

 

JINさん

 

大損している人もいるので、むやみに商品先物に手を出すのはおすすめしません!

 

たーちゃん

 

まとめ

 

  1. 原油価格が歴史史上初のマイナス(5月限)
  2. 実体経済への影響もあり
  3. ガソリン価格はゆっくり下がっていく

 

おすすめしませんが、原油取引するには、こちらの会社

初心者におすすめのCFDの会社・口座、主要各社を徹底比較!株価指数を取引可能今回はおすすめCFD会社を解説します。 この記事は、こんな人向けです。 おすすめののCFD会社を探している方 ...