書評

書評 ピーター・ティール『ZERO to ONE ゼロ・トゥ・ワン』

今回ピーター・ティールが書いた『ZERO to ONE ゼロ・トゥ・ワン』を読んだので、感想を書いていこうと思う。

起業家にはめちゃくちゃおすすめの本になっている。

訳している人も瀧本哲史である。

 

書評 瀧本哲史『僕は君たちに武器を配りたい』いいことが書いてあったので、まとめていこうと思います。これからの時代を生きる大学生必見の内容です。ただ、投資に対しての考え方の違いはあり...

 

ピーターティールとは

ピーター・アンドレアス・ティール(Peter Andreas Thiel、1967年10月11日 – )は、アメリカ合衆国の起業家、投資家。

PayPal(ペイパル)の創業者。

シリコンバレーで大きな影響力を持つ「ペイパル・マフィア」の中では、「ドン」と呼ばれている。アメリカのリバタリアン。ドナルド・トランプ支持者。

wikiより

 

 

このスピーチはすごいいいことを言っているので聞くべし。

 

 

僕たちは未来を作ることができるのか

この質問について、いったん考えてみてほしい。

 

賛成する人がほとんどいない、大切な真実ってなんだろう。

 

ピーターティールは採用面接で必ず聞く質問がこれだ。非常に難しい。

未来とは訪れていない全ての瞬間だ。

確かなことは2つだけある。

 

  • 未来は今と違う
  • 未来は今の世界が元になっている

 

視点が未来に近ければいい答えになるはずだ。

 

ドットコムバブルの教訓

 

  1. 小さな違いを追いかけるより大胆にかけたほうがいい。
  2. できの悪い計画でもないよりはいい
  3. 競争の激しい市場では収益が消失する
  4. 販売はプロダクトと同じくらい大切だ

 

独占を築く

 

独占は全ての成功企業の条件である。

 

どんなスタートアップも小さな市場から初めて規模を大きくするべきである。

 

勝ちたければ、何よりも先に終盤を学べ。

 

なぜ誰も隠れた真実を探さないのか?

 

  1. 漸進主義
  2. リスク回避
  3. 現状への満足
  4. フラット化

 

優れたビジネスプラン

 

  1. エンジニアリング(段階的な改善でなく、ブレイクスルーとなる技術か?)
  2. タイミング(今が適切なタイミングか?)
  3. 独占(大きなシェアが取れるように小さな市場から始めているか?)
  4. 人材(正しいチーム作りができているか?)
  5. 販売(プロダクトを作るだけでなく、それを届ける方法があるか?)
  6. 永続性(この先数十年生き残れるポジショニングか?)
  7. 隠れた真実(他社が気づいていない、独自のチャンスを見つけているか?)